仕事論: 2009年3月アーカイブ

 こういうのって、普通の会社では教えてくれないんですかね?僕が最初に勤めた会社では、新人研修の時に、結構教えてもらった気がするんですが、特殊だったかな。大原則と勤務態度編(5つ)、仕事の仕方編(7つ)、私生活編(4つ)で合計16個あります。どれも難しいものではありません。

大原則:人はくだらないもの、ことで評価される
 なぜなら、くだらないこともできない、守れない奴に大きな仕事ができるわけないから。仕事上の信用もなく、実績もない新入社員のあなたに、重要な仕事なんて与えられませんし、怖すぎて任せられません。仕事を任せても良いと思われるだけの信用を積みましょう。信用を積むのはそんなに難しいことではありません。以下のようなしょうもないことを愚直に守れば、「こいつに仕事を任せてみよう」という状態に持っていくことができます。すなわち、チャンスを掴むことができます。


知り合いにとても恵まれている人がいる。仮にA君としておこう、仮にどれ位恵まれているかというと。
・イケメン
・裕福な家庭に生まれ
・某有名大学卒
・業界の人ならば誰もが「Bさんの下で働きたい」とあこがれる人であるBさんの下で働いている
 ちなみにそのBさんの下で働いているのはコネ。大学を出て最初の仕事がその仕事。

傍から見ていると、もの凄く運が良く(僕からしたら彼のようなイケメンに生まれたかったと思うくらい羨ましい)、もの凄く恵まれていると思うんだけど、どうやらそのチャンスを逃してしまうようです。

このアーカイブについて

このページには、2009年3月以降に書かれたブログ記事のうち仕事論カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは仕事論: 2009年2月です。

次のアーカイブは仕事論: 2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • 630919_baseball_kids_-_cheering_and_jeering.jpg