仕事論: 2010年12月アーカイブ


僕の学生時代の得意科目は「世界史」でした。どれ位得意だったかというと、定期試験では90点を下回ったことは殆どありませんでしたし、199x年のセンター試験では、自己採点ですが100点でした。大学生時代に家庭教師をしたりしていると、勉強法ってみんな教えられてないんだなぁと実感しました。なので、ここで効率の良い勉強法を公開しておこうかと。まぁ、僕自身も誰かに教えられたわけではなく、自分で試行錯誤して編み出したものなのですが。

1:その科目を好きになる
 最大のコツです。これはもう全然違います。僕自身、受験勉強のときは好きな科目しか勉強してませんでした/できませんでした。嫌いな科目の古文、化学は本当に何も覚えられなかったし、問題も全然解く気になれませんでした。世界史は好きだったので、教科書を読んでも、地図帳・資料集を読んでも、面白く全然飽きませんでした。

2:漫画を熟読する
 漫画世界の歴史、漫画日本の歴史を全巻読んでました。中学生くらいまではそれだけで勉強がいらなかったりします。漫画は歴史上の人物がキャラクターとなって、喋りながら物語・ストーリーが進むので歴史の流れを把握・記憶しやすいのです。

このアーカイブについて

このページには、2010年12月以降に書かれたブログ記事のうち仕事論カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは仕事論: 2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。