精神状態が手詰まりにならない為の10の習慣


はじめに
 35年ほど生きてきて、ある程度これは効果があるなぁと思うことをまとめてみました。
 なんとなく最近不調かな、と思ったら気をつけること を見て触発されてまとめてみました。

対象
 一人暮らしをしている大学生、社会人の方を想定しています。

前提条件
 体が心に影響を及ぼす、もっと極端にいうと「体が心を支配する」という、考え方に基づいています。多くの人は心と体を分けて考えていて、心・精神の問題を解決するさいに、心・精神に対して働きかけを行い、解決しようとします。僕の偏った経験では、心の問題の多くは体に対して働きかけることにより、解決に近づける・緩和することができると考えています。

以下、長いですが。。。


1:日当たりの良い部屋に住む
 気が滅入りかけた時に、部屋が暗いのと明るい日差しが入ってくるのでは随分違います。私が大学時代に引き篭もり→ドロップアウトしなかったのは、南西向きの日当たりの良い部屋に住んでいたからだと思えるほどです。南東向きの部屋に住み朝早く起きるのが理想ですが、東向きや南東向きだと、起きたら午後だった→もう日差しが無い→ガーン→orz→負のスパイラル開始 というリスクがありますので、南西向きの方が良いでしょうw
 駅から遠くても、多少家賃が高くなっても、町として格好よくなくても、日当たりの良い部屋に住むことはとても重要です。

2:定期的に体を動かす
 ヨガや太極拳はゆっくりとした動作で負担も少なく、ゆっくりした動作である点が良いです。それとは反対に心拍数が大きく上がるような激しいスポーツもしましょう。その一瞬に集中することで心労の原因を忘れることができます。1週間に1回1時間でも継続することができれば大きな効果があります。
 腹筋や腕立て伏せといった自分の体を使った筋力トレーニングも1週間に1回やるだけでずいぶん違います。毎日筋トレをやるっていうのはとても強靭な意志が必要ですが、週1回・月4回気の向いたときに行うのであればできるでしょう。

3:日光にあたる
 社会人になり内勤だったりすると意識しないと本当に日光に当たることなく1日が終わってしまいます。日光に当たらない→体内時計の狂い→寝付けない→疲労が抜けない→手詰まり→引きこもる→日光に当たらない→(以下略)という、負のスパイラル始まってしまいます。日中に、お昼ご飯の時や3時位に休憩がてら外に出て日光にあたりましょう。

4:食品添加物の摂取量を少なくする
 インスタント食品を食べない、コンビニ弁当を食べない、などを心がけ着色料や保存料などの食品添加物をなるべく摂取しないようにしてみましょう。1週間続けてみると驚くほど、気が滅入らなくなります。気が滅入るのは、食品添加物のせいだったのかと錯覚してしまうほどです。

5:なるべく自炊
 食品添加物の摂取量を減らすには、自炊が最適です。とはいえ学校や会社にお弁当を持っていくことや、付き合いもあったりして晩御飯を自炊というのはなかなか難しいものです。そこで朝ごはんだけでも自炊しましょう。
 簡単朝ご飯:食パンにマヨネーズを塗り、トマト、チーズを挟む。余裕があればスクランブルエッグも挟む。これに牛乳+シリアルや野菜ジュースを組み合わせていました。本当はもっと野菜を取りたいところですが、僕にはこの辺が限界でした。誰か手間がかからず栄養バランスの取れた朝ごはんを教えてください。

6:週末は自炊するようにする
 天気の良い午後をおいしい晩御飯のために使うのはこの上なく贅沢なことです。カレーやシチューを作るのは心休まる作業です。煮込みと一緒に、心労の原因も柔らかくなるという暗示を自分にかけましょう。

7:仕事や学校と関係の無い友人を作り、会う
 仕事に関わる人間とばかり会うようになり、多様性の少ない人間関係に浸かってしまうと、心の余裕を失いがちです。意識的に高校時代、大学時代といった過去の友人と会ったり、全く別のコミュニティに参加しましょう。地域や仕事で出会った人たちが参加しているスポーツチームに参加してみる。楽器を習ってみるなど意識的に積極的に行動しましょう。特に社会人になってから、知り合い、友人を増やすことはとても大変です。自発的に行動しないと新しい出会いなどありません。

8:ラベンダーオイルの匂いを嗅ぐ
 アロマオイル←テラスイーツwなどと馬鹿にしてはいけません。15ccで3000円から5000円するようなアロマオイルはびっくりするほど効果があります。まずは万能のオイル、ラベンダーから。安眠、精神の沈静に効果があり、夜泣きする赤ん坊の頭のてっぺんに一滴たらすだけで眠らす程です。あなたの不眠もラベンダーオイルが解決してくれるかもしれません。

9:ぬるめの温度の風呂にゆっくり浸かる
 朝のシャワーだけとか、夜もバスタブにお湯をためずに頭と体を洗うだけとか、生き急ぎ過ぎです。ゆっくりとお風呂につかりましょう。体を温めて寝ることで熟睡しやすくなります。

10:あなたの方法・習慣を教えてください。
 10番目は常に新しい方法です。他の人から聞いたり、本を読んだりして「良さそうだ」と思うものを試していきます。良ければ追加しても良いですし、今までのやり方から1つを削っても良いです。
 あなたはどんな方法で精神状態が手詰まりにならないようにしています?人それぞれだと思いますし、自分で見つけた方法が一番良いのですが、他の人がやっていることを試してみたら、自分にも効果があるかもしれません。
 是非、コメント、トラックバックで教えてください。

以下の記事も参考になるので是非読んでみて下さい。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 精神状態が手詰まりにならない為の10の習慣

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://stylestyle.net/mt/mt-tb.cgi/82

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2009年2月10日 19:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大阪府09年度予算赤字脱却は、橋下知事の大きな功績」です。

次のブログ記事は「就職活動をしている学生に贈る「安物のリクルートスーツ」を着ないほうが良い4つの理由」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • locond_site_image.png
  • IMAG0222.jpg
  • DSCN0334.JPG
  • IMAG0220.jpg
  • IMAG0223.jpg
  • IMAG0227.jpg
  • IMAG0218.jpg
  • IMAG0225.jpg
  • IMAG0062.jpg
  • IMAG0061.jpg