就職活動をしている学生に贈る「安物のリクルートスーツ」を着ないほうが良い4つの理由


 11月か12月位から電車の中やオフィス街で、「就職活動中の学生」さんたちを見かけるようになりました。僕自身、就職氷河期が始まった時期に就職活動をし、その後、ベンチャー企業内において採用を行った経験から、学生さんにはアドバイスしたいなぁと思うのですが、電車の中で隣に座った学生さんにアドバイスしたら変質者なんで、ここで書いてみます。

まずはじめに、
「外見(服装)はとても大事」
 学生の方々が思っているよりも、ずっと外見(服装)は大事です。そのことが学生の方々に伝わっていない気がするんですよね

 いきなり外見です。ブサメンorz とか思うのはやめましょう。学生の基準でイケメンである必要性は全然ありません。最近、友人たちと話していて「大学時代にモテた男はろくな35歳にならない」という話があって大いに納得した位です。採用する側は、イケメンかどうかを見ているのではありません。
 ただ、清潔感とか服装とその人の雰囲気が似合っているかは見ています。自分に似合う服を着ている=自分を客観的に見て評価することができるということですから。
 採用する側からすると30分とか1時間の人間で、その人の本当の価値とかわかるわけがない、というあきらめがあります。ただ外見は分かります。5人会った学生をその人の能力の順に並べろって言われると難しいのですが、見た目の良い順に並べろって言われれば誰でもできます。その際に外見(服装)が与えるインパクトは非常に大きいです。ですので外見(服装)はすごく重要です。
 みんなが一斉に着る「安物のリクルートスーツ」あれは最悪です。紺のスーツに白のワイシャツ、適当に買ったネクタイ。誰もが一目で分かるあのスタイルはやめましょう。


駄目な理由は沢山あります

1:プレゼントは包装も大事
 例えば、自分にとって大事な人にプレゼントをする時に、贈る物を適当にボロ布でくるんでプレゼントします?普通の人はしないでしょう。購入した場所できれいに包装してもらうか自分でラッピングしたりするでしょう。豪華な桐箱に入ったメロンがあるのは、プレゼントにおいて包装が重要な意味を持つからです。
 就職活動も同じです。採用担当者に自分という商品をアピールするのです。中身だけでなく包装・服装も含めて評価されます。丁寧にきちんとラッピングされた商品は、適当な包装の商品よりもよりよく見えるのです。

2:印象に残らない
 採用担当者というのは、何せ1日にたくさんの就活生(笑)に会うわけです。同じ服装をされると全然印象に残らない。全員おんなじ顔に見えてしまう。就職活動において「いかに良い印象を残すか」は重要なので、服装はとても大事です。

3:格好悪い
 ただでさえスーツを着慣れていないのに、既製品でサイズが合っていなかったら、「着られて」しまいます。何が格好悪いってスーツに着られちゃった人ほど格好悪いものはありません。

4:就職したら着ない
 新卒で就職すれば学生時代よりお金に余裕ができます。そうなった時に、就職活動のときに着てた安物のスーツなんて着ないです。それって大いなるお金の無駄です。多少高くったって、良いものを着ましょう・買いましょう。

僕からの提案(主に男性向け)
・リクルートスーツを着ないで就職してからも着るスーツを着ましょう
 僕は今35歳ですが、就職活動の時と新卒のときに買ったスーツをまだ着ています。ワイシャツ(袖が擦り切れる)やネクタイは買い足しましたが、スーツの上下はそれから一切購入してません。ま、途中から毎日スーツを着ない仕事になったのが大きいですが。
・どこで買うの?
 僕は大学の近くのスーツ屋さんみたいなところに行きました。当然そんな店入ったことないので、ゼミの教授に紹介してもらいました。上着+ズボン2本+ワイシャツ4枚+ネクタイ3本をまとめて購入。お店のダンディーな人のアドバイスのまま買いました。
 出したリクエストは、全体の予算が幾らで、みんなが着ている紺色じゃなくて、ぱっと見て違う印象になんだけど、派手じゃない奴。堅い業界から柔らかい業界まで1着でいけるように、とかそんな感じで言って、候補を幾つか出してもらって選びました。
 ちなみに就職してからも、スーツ+ワイシャツはそこで購入しました。電話して生地のサンプル送ってもらって、電話で話しながら今までに買ったものと合わせても変じゃないものを選んでくれるので楽チン。サイズは型紙が残っているから後は出来上がりが送られてくるのを待つだけ。
・セミオーダーをお勧めします
 「高い」と思われるかもしれませんが、オーダースーツを買いましょう。セミオーダーで構いません。自分の肩幅、胸板の厚み、腕の長さ、胴の長さにあっていれば良いのです。スーツに着られちゃう理由のほとんどは、「サイズが合っていない」からです。サイズさえあっていれば着なれていなくとも、ちゃんと着こなしているように見えます。
・ズボン(パンツ)は2本
 上着よりズボンの方が早くくたびれます。ツーパンツスーツとかそういうのを買いましょう。
・色は?
 オーソドクス過ぎる紺は避けましょう。少し落ち着いたチャコールグレー(黒に近いんだけど黒のスーツと並ぶと黒じゃなくてグレー)とかそういう色が良いと思います。明るめのグレーというのもアリですが、それは就職してからで。
・ワイシャツは?
 首周りと手の長さがあったものを。綿は洗濯を繰り返すと縮むので最初は多少大きめでも良いです。色は白でも、襟・カラーで遊びましょうボタンダウンやフックダウン、タブカラーとか良いと思います。薄い色で細いストライプとかもありだと思います。
 安物の形状記憶シャツはやめましょう。一発で安物だと分かります。クリーニングに出すと高いし、受け取れないリスクがあるので、自分で洗濯してアイロンがけをしてました。慣れればワイシャツ1枚を5分でアイロンがけできるようになります。
・ネクタイは3本以上持ちましょう
 最終面接までに、同じ人と3回か4回くらいはあったりします。毎回同じネクタイってのはいただけません。ネクタイで印象が変わるので、スーツやシャツは同じでも問題ありません。
・いくらかかるの?
 そこそこの生地で上着+ズボン2+ワイシャツ4枚+ネクタイ3本を買うと12万円くらいかかりました。今はオーダースーツも安いのがあるので、もっと安く済ませることができるでしょう。
・お金はどうしたの?
 自分のお金で買いましょう。大学3年生で10万とか20万とかのお金を自由にできないって、そのこと自体が問題です。

効果
 実際の僕はどうだったかというと、老け顔もあいまって全く就活生に見えなかったようです。先輩との待ち合わせ場所とかでも「○○さんですか?」と声かけられまくりでした。新卒で入った後も、全然大卒1年目に見えなかったらしいですが、それは仕事上では大いに得でした。22歳が25歳とか28歳に見えるというのは、大人びて見える、落ち着いて見えるということでもあり、それだけで仕事ができそうに見えてしまう。非常にお得なのです。

例外だけど最強な事例(主に女性向け)
・自分で作る
 友達の女の子で、自分で作ったスーツで就職活動してた人がいました。これなんか最強のスーツだと思います。左の肩だけちょっと失敗したらしく歪んでいましたが、これも話のネタになると言っていて、スゲーなぁと思ったものです。彼女は、誰もが知る一流企業に就職しました。

・真っ白なスーツ
 別の女の子ですが、なんと真っ白なスーツで就職活動していました。本人曰く「スーツの色が白だから駄目ってことはないでしょ。白いスーツ着てるから駄目っていう会社に勤めたってしょうがない。それにあの紺の色の服を着ていると自分の気が滅入ってくる。」
 さぞかし目立ったでしょうね。女の人ならば、白のスーツはアリだと思います。清潔感と新鮮な印象を与えることができると思います。彼女も良い会社に就職してました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 就職活動をしている学生に贈る「安物のリクルートスーツ」を着ないほうが良い4つの理由

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://stylestyle.net/mt/mt-tb.cgi/79

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2009年2月17日 06:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「精神状態が手詰まりにならない為の10の習慣」です。

次のブログ記事は「僕が子供に野球をやらせたいと思わない理由」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • locond_site_image.png
  • IMAG0222.jpg
  • DSCN0334.JPG
  • IMAG0220.jpg
  • IMAG0223.jpg
  • IMAG0227.jpg
  • IMAG0218.jpg
  • IMAG0225.jpg
  • IMAG0062.jpg
  • IMAG0061.jpg