T村Kの脳汁垂れ流しでタグ「ワールドカップ」が付けられているもの

まずは、岡田武史監督にジャンピング土下座で謝罪しなければなりません。

2勝する確率は0%なんて予想して、ドーモすみませんでした。そして、16強という立派な成績を収めたことに対して敬意を表するとともに、感謝いたします。

 予選リーグを突破できたのは、以下の要因が重なった結果だと思います。特に最初の4つについては、2002年、2006年と比較すると、2002年のトルシエのチームも同じ4つのポイントで上手くいき、2006年のジーコのチームは失敗していた点が非常に興味深いです。



深夜にも関わらず、FIFAのサイトでリアルタイムに見てしまった。

日本は、
・オランダ
・日 本
・カメルーン
・デンマーク
と同組のE組。はい、お疲れさまー。ベスト4って妄想は、誰ができるんでしょうか?

普通に考えたら、オランダ本命、カメルーン・デンマークが争い。日本は草刈場。
カメルーン協会と選手に金の揉め事が起こって、デンマークの主力に怪我人が続出することを祈りましょう。


ヨーロッパ



フランス対アイルランド 1-0、0-1、1-0(延長戦) total 2-1
 終始アイルランドに押され、90分を0-1で終え、延長戦に突入。アンリのハンドが見逃されて、そのパスからゴールが生まれる。結局それが決勝点となり、フランスがワールドカップ出場権を獲得する。長い予選の結末が、誰が見てもファウルのハンドを審判が見逃して失点とは。。。 それでも試合終了後に抗議しないアイルランドにこそ、最後まであきらめずに激しく戦うアイルランド代表にこそワールドカップに出て欲しかった。
 フランスは、良い選手がいても監督がダメならば苦しむという典型的パターンでした。
追記:アイルランドが再戦を要求らしい。気持ちはすごーく分かる。でも、おそらく認められないでしょう。

ロシア対スロベニア 2-1、0-1 total 2-2
 アウェイゴールによりスロベニアがワールドカップ二度目の出場を決定。ほぼランキングどおりの今大会予選において唯一の番狂わせかも。ヒディングマジックも通じず。彼がワールドカップ本大会で日本代表を指揮してくれないかなぁ。

ポルトガル対ボスニア・ヘルツェゴビナ 1-0、1-0 total 2-0
 エース、クリスティアーノ・ロナウドを怪我で欠くもポルトガルが連勝。ボスニアは、点を取りに出たところでカウンターを喰らって撃沈。

ギリシャ対ウクライナ 0-0、1-0 total 1-0
 前半の1点を守りきってギリシャの勝ち。守らせたらでかくて強いギリシャ。シェフチェンコは今回はワールドカップに出られず。

アフリカ
アルジェリア対エジプト 1-0(決定戦)
 グループリーグの成績が4勝1分1敗得点9失点4と全く同じ!かつ直接対決でも差がつかず中立地スーダンでの決定戦・プレーオフが開催された。アルジェリアが1点を守りきり死闘の末勝利。3-4カ国のグループによる1位のみ次に進出というアフリカ予選のレギュレーションは番狂わせが起きやすく、必ず死のグループができてしまうと思う。

南米・北中米
ウルグアイ対コスタリカ 1-0,1-1
 まぁ、南米は4.5枠というのが少ないよね。順当にウルグアイの勝ち。

アジア・オセアニア
ニュージーランド対バーレーン 0-0,1-0
 バーレーンはまたしても惜敗でワールドカップに届かず。オーストラリアがアジアに移籍したことで、初めてオーストラリア・ニュージーランドの2カ国がワールドカップに出場することに。

・フェロー諸島代表が2-1でリトアニア代表に勝利!
・イングランド、スペイン代表が8連勝でワールドカップ出場決定
・アルゼンチン代表9月シリーズ連敗でW杯黄色信号!
・フランス代表は監督が無能でチーム空中分解?!
と、フェロー諸島がトップニュースですww

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • locond_site_image.png
  • IMAG0222.jpg
  • DSCN0334.JPG
  • IMAG0220.jpg
  • IMAG0223.jpg
  • IMAG0227.jpg
  • IMAG0218.jpg
  • IMAG0225.jpg
  • IMAG0062.jpg
  • IMAG0061.jpg

広告