セミナーの最近のブログ記事

パネラー
コグレマサト [N]ネタフル
いしたにまさき [mi]みたいもん!
守谷良子 リンクシェアマーケティング部

コグレさんは、待ち受け画面までOK。ウェブにアップするのはダメ。
守谷さんが場違いだなぁ。誰あなた?

ブログ ほぼ100%
ツイッター80%
天気の良い5月の土曜に、我ながらキモイ集団だなだぁw

コグレマサト
2003年からブログネタフルを運営。

いしたにまさき
みたいもんを運営。
クチコミの技術、ツイッター140文字

守谷さん
リンクシェア社員。ツイッタ使っているから。

できるツイッター100ワザ
3刷、25000部
売ってるよ。

ブロガー為のツイッター講座
もちろんアフィリエイト向け
ECのような振る舞い

2つのポイント
1:Give&Give
2:一歩前に踏み出す

注意点
・場所情報に気をつけましょう。
・こんな画面

ツイッターとは?
Reply @tamurakeiとは? メールでいう返信
Retweet RT @tamurakeiとは? メールでいう転送

特徴
知らなかった一面が垣間見える
パーソナリティが伝わる
ちょっとした質問と回答がうれしい
 浦和から自由が丘にいくにはどうしたらいいだろう
Give&Giveが大事
ウッフィー(信頼)
 あの人は色々教えてくれる。細かい積み重ね。

アイコンの重要性
コグレさん:アイコンを変えたら、似ていてもコグレさんとして認識されない。
徐々にアイコンを変えていく人がいる。変なアイコンだけど、その人だというのは分かる。

いしたにさん:色をコグレさんと違う色にした。

ツイッターの現状
炎上の話:燃えるところがない。タイムラインはとにかく全員違う。
トゥギャッター発で炎上するケースが増えている。
 ツイッターの面白い発言をまとめるサービス。ツイッタのアーカイブとして使う便利なサービス。

旧来のメディアとの相性が実はよいのでは?
 紅白・オリンピック・ラジオ ランディングはウェブじゃなくて良い。いきなり店舗につれてくる。
 ラジコ。20年ラジオを聞く習慣がなかったが、ツイッターで「○○さんが出ている」とつぶやくと、聞く人が出てきた。
 タイムラインを見ながら、紅白を見たら、生まれて一番紅白が面白かった。

ますますウェブもブログも大事になっていく
 むしろ今がチャンス。

ビジネスモデル
リアルタイム検索への情報提供
Google、Bingへのフィード提供
API経由ではない直接提供、データ課金
米Yahooも合意、Yahooアカウントにリンク

広告プラットフォーム
PromotedTweets、検索結果に対して広告表示
サードパーティのプラットドームにも拡大予定 50%

企業アカウントへのツール提供

ツイッタが止まると困る
 連絡手段としてのツイッタ
 イベントを企画して、ツイッタが落ちていると困る

成功している
豚組(飲食店)
 ツイッター有名店。今ではセミナーで話す位。
日産
 公式アカウントだけでなく、東京モーターショー、電気自動車と絶え間なく続けている。
BRAND for FRIENDS
 交通広告でiPhoneケースを配布
 一気にツイッターに流れた

なぜ成功しているのか
企業とユーザは対等
ユーザにへつらうのではなく、ユーザの声に耳を傾けよう
自分たちの本分を出す
巻き込むのではなく巻き込まれよう
会話に参加しよう 一歩前へ踏み出して語りかける
 来てもらおうとするとお客さんは引いていく
 すでに会話されていく中に入って行こう
まずは期間限定でよい

気をつけること
基本毎日
反応に敏感に

ランディングはウェブでなくても良い
 カウントダウン、カウントアップもできる。ブログでそれをやるとウザイ。

情報発信力の高さも大事だが、動きに気づくことの方が大事
 気づくことの方が難しい

ツイッターをやってますと分かりやすくする
 コグレさんの行きつけの美容室も「ツイッターやってます」
 ツイッターで予約できた。電話しなくていいのは、楽。
 歯医者さんに行かなくなる理由。予約したのに行かなかったから。医者からすると、怒らないからきてよ。メールとかツイッターだと障壁が少ない。

情報の価値の判断は相手に
事例:
 ジャンボハンバーク+写真(食べ終わった写真)
  突っ込み多数。心の目で見ろ、心が汚い人には見えない。想像以上。
 ちゃんとした写真を乗せたら 反応ゼロ

 会話を誘発する情報が価値が高い。価値の高い情報 というものが変わってきた。

相手を信頼してまずは伝えよう
 Give&Give

価値のある情報の種類が変わった

ツイッターはツイッター

肝はコミュニケーション
夜桜もえぇなぁ→いいですな→夜桜見ながらお酒飲んでます

自分が飲食店の店員さんになった気分で
和浦酒場
ツイッターをはじめようと思ったきっかけは?
自分がやって、100人登録されれば世界変わる
手軽でリアルタイム

メリットデメリット
正しく
気軽でありきちんとしている
困った

見てきた人が来る
メニュー以外で目新しいものとか旬のものとか
お店じゃないところで関係が築けている

飲食店とツイッター
相性が良い
今日はこれがあります
接客業とあっている

接客の良い飲食店はツイッターの使い方が上手い
ツイッターで接客しよう

24時間対応しなきゃいけないわけではない。9-17時と書いておけば怒る人はいない。

ツイッターで接客
実店舗を持たないオンラインショップにとっては、ツイッターで見えるお客さんの顔がある
接客
店舗が無くてもお客さんとゆるい関係が築ける

本の著者とコミュニケーション
 平野文 @hiranohumi
 不明点は著者がツイッターで応えます

キャラメルボックス

コグレさんの事例
 本当に返事が返ってくると思いませんでした

気をつけるべきトラブル
UCC
ツイッター割引
 ありかなしか
フォロー特典
 ありかなしか

アフィリエイトリンクばっかり
全てPR
ブログの更新情報しか流れていない
要するに自分の話ばかり

一方的で売り込みが激しい残念なツイッターアカウント

まとめ
ランディングはブログで良い
会話に加わる
耳を傾ける
Give&Give
人材がいない? 育てる&採用する
信頼できるパートナーを探す
一間汗にせず自分たちで実践する
一歩前に踏み出す

守谷さん:企業アカウントは今のところ、残念なツイッターになっている


解析
 Topsy
  どのTweetが話題になっている
 bit.ly
  短縮URL+アクセス解析
 ChartBeat
  リアルタイムアクセス解析
  iPhoneアプリでリアルタイムで見られる
  アクセスの多い、お昼休み前に更新する。

Twimono
Twimpact
 つながりの可視化

ツイッターとブログの連携
ツールの紹介
コグレさん
Evernote
 アフィリエイトリンクを保存しておく
夜フクロウ
ecto
Jing
anno2

いしたに
evernote
instapaper ブックマークレット
NetNewsWire

Evernote
fricker
youtube
写真Eyefiで自動化
思い出せるように写真を撮る

Skype Chatグループチャット
GoogleDocs
DropBox
 オンラインのファイル共有

いしたに流
・30分で書けないのならば、材料が揃っていないということ

コグレ
ブログの更新情報はツイッターに流しましょう。
Feed Tweetを使っている。

適切な更新頻度は各ブログ・読者によって違う
CartBeatを使ってリアルタイムに確認。

いしたに
ココログのオプションでTwitterに通知というチェックボックス

過去の記事をTwitterに流してみる
過去のエントリに関係した話題が出た際に過去記事を流している

意外に見てくれる。

ブログのネタを探すために、アンケートをとる
ツノッターなど

エゴサーチ
netafull.net を見るようにしている
みたいもん mitaimon filter:links でツイッター検索を登録して追いかける。

リストの使い方
 ニュースのツイッターをリストにまとめる

Instapaper 一箇所にまとめておく
ブログネタになるページは、すぐさまEverNoteに送る

大事なこと
Give&Give
一歩前に踏み出す

感想
・守谷さん、もっと話そうよ。
・良いことだけじゃなくて、悪いこと、デメリットもバランスよく話そうよ。
・接客をしたがらないアフィリエイトの人々からすると話のポイントがずれていた気がします。
・この話だけじゃ「世界を変える」とは思えないなぁ。他の話でも「世界を変える」ものとは思えないけど。
・Twitterとは、最近出てきたちょっと便利かもしれないツール。って位置づけが正しいと思う。煽らないと本が売れないとは思いますが。

他の方の記事

司会:湯川鶴章
パネリスト:小宮山晋太郎、津田圭吾

少し途中から

システムについて
 米国リンクシェア、日本リンクシェア、トラフィックゲート、楽天のシステムを統合する。全体の2011年を目標としているが、細かい部分のシステムは2010年中にも成果を出せる。

モバイルについて
 リアル店舗での購入についても、報酬を支払えるように。アフィリエイトリンクを経由してクーポンをDL。誰がどのクーポンで購入したのかを把握。
 このような仕組みは世界初だと思う。
 アジア、世界展開していくことはもちろん考えている。

ソーシャルメディアについて
 個人的感想:っていうか個人のアフィリエイトを活用している時点でソーシャルだと思うんだけど。Twitter について。Twitterにアフィリエイトリンクを埋め込むことは、2009年にリリースしている。できるようになっている。

 リアルタイム性が求められるものについては、Twitter。
 ブログを経由する場合
2つに分化する

湯川氏:承認されなきゃいけない。承認の煩雑さはなんとかならないか。
津田氏:承認スピードを如何に早くするか。はデータ的に重要。リンクシェアネットワーク内は自動承認というのが理想。ECがブランド維持を考慮すると、承認が必須。

湯川氏:人間と人間の関係を通じてものが売れていく。アフィリエイトがインターネットの基盤になる。と思っていたが、7年間は小さいものだった。

津田氏:アフィリエイトの裾野は着実に広がっている。検索経由が大きく伸ばしてきた。ソーシャルメディアで商品をすすめる。人間関係を基盤とする方向に進むと親和性が高い。
小宮山氏:楽天アフィリエイト 法人よりも個人の割合が大きい。ソーシャルな部分が主流である。この流れを新生リンクシェアジャパンにも持って生きたい。

湯川氏:一貫してTwitter押し。ソーシャルメディアの拡大により、今までの規模よりも大きなものになっていくのか。
津田氏:ソーシャルショッピング、ショッピングアプリケーションが出てくる。自分の知り合いのネットワークで商品を自慢、紹介できる。ようになると市場が拡大していくと考えている。

湯川氏:ソーシャルショッピングとは?
津田氏:例えば、複数のショッピングサイトで売っている服 でコーディネートを考えて作る。Twitter,Facebokで紹介、自慢する。で、売れる。とかが一例。

湯川氏:書評を書いてアフィリエイトリンクを張っているがそれとどう違うようになるのか?
津田氏:アプリケーションの中身はこれから色んなものが出てくるとしか言えない。

湯川氏:そのアプリケーションをリンクシェアジャパンで作って欲しい。そういうのを提供する考えは?
津田氏:まさにそこを考えている。色んな企業、個人と提携していく。BENTO BOXをはじめた。アフィリエイトツールをみんなで開発していく場。

湯川氏:技術仕様を公開し、3rdPartyに開発してもらう
津田氏:売上・報酬を、開発者と張った人の間でシェアできるようにシステムを作る。

湯川氏:Apple AppStore のような場を、リンクシェアが作るということか?大きく飛躍、別の次元に行っていると思われるが?
津田氏:まさにその通りです。Open Plat Form化の流れのなかで、自社開発から大きく舵を切った。

湯川氏:最大手が勝つ。数の上では、
津田氏:ECに関して言えば、ショッピングアプリケーションについてはリンクシェアのプラットフォームで開発するのが最も効率が良いと思う。


流通総額;4000億円
LS:40万サイト
TG:26万サイト
楽天:500万サイト
システムを統合、オープンにやっていく。

小宮山氏:新しいシステムの開発を行う。改善のご意見を是非聞かせていだきたい。できうる限り、声を拾う。
津田氏:使い勝手の良いシステムを作っていく。メンテナンスフリーなアフィリエイトリンクを提供していく。

湯川氏:要望はあったと思う。今までとどう違うの?w また、リップサービス?
津田氏:今まで、アメリカの要望と日本の要望を合わせて、開発順位を決めていたが、日米を分けて日本用に開発する。
小宮山氏:TGアフィリエイトと楽天アフィリエイトを合わせて開発。国内開発スピードを上げていく。

湯川氏:張っているだけで良いリンク
津田氏:サイト内容、閲覧者の行動にあわせて、表示広告を変えていくシステムを提供していく。アフィレコで成約率が2倍。

湯川氏:データを持ったから?技術の問題?
津田氏:沢山のデータを持つことによる効果は大きい。リンクシェア、楽天のデータを活用すること。流通総額4000億のデータの強み。

湯川氏:楽しみにしている、頑張ってください。

3:2010アフィリエイト業界展望
話者:笠井北斗 株式会社クロスワーク

独自ドメインを持って活動している
 理由:無料のブログの使い勝手が徐々に悪くなってきている
 理由:EC側の選別理由-独自ドメインでしっかりやっている
モバイル:テーマ特化型モバイルサイトを持つことで
API:最低限のプログラム知識があったほうが有利です

本気でアフィリエイトに取り組む年になる。

2010表面化してくる問題
・代理店:無茶な営業やコンサル、提案をしている。代理店を使ってアフィリエイト運営を行ってうまくいっているケースはゼロ。リクルーティング、ワンタグ、完全成果報酬型にはご注意を。
・裏アフィリエイト:裏アフィリエイト業界の人間が表立って活動するようになってきた。命がけで詐欺をする人がいる。
・ASP:数字を上げるために悪質な代理店や裏アフィリエイト業界関係者との関係を強化しはじめている会社が出てきている。

損をするのは真面目にアフィリエイトに取り組むアフィリエイタ、広告主、一般消費者

アフィリエイト業界の未来予想図
岐路に立たされているアフィリエイト業界

改善と再生、悪化と衰退
悪化と衰退の方が勝っている。

業界の中でできること
・公益社団法人日本アフィリエイト協会 の必要性
・2010年には協会設立の準備をすすめたいので皆さまのご協力をお願いします。

笠井さんの10の活動
1:アフィリエイトSNS えん
 ASP、EC、アフィリエイトの交流、コミュニティ運営
 業界外から評価されている。消費者センターより今後伸ばして欲しいと評価されている。
2:対策センター設立
 スパムブログ
  ブログ会社との連携、データ収集、新しいスパム手法の情報共有、ASPへの情報提供
 不正アフィリエイト対策センター
  裏アフィリエイト業界の動向監視、セカンドオピニオンサービス、不正アフィリエイト手法の情報共有、ASPへの情報提供
3:セミナー定期開催
 モバイル、各地方、アフィリエイト業界全体のスキルアップ
4:地域振興アフィリエイトプロジェクト
 札幌、仙台、金沢、東京、名古屋、大阪、広島、博多でセミナー
 観光、中小企業振興を担当する官公庁と連携
 首都圏以外でのアフィリエイト活性化
5:アフィリエイトSOGO部
 無料で価値観や情報、経験を共有する
 これからアフィリエイトを開始する人への支援
6:ロイヤル・アフィリエイト・クラブ
 優良アフィリエイトサイト運営者の為の無料サポート企画、不正を行わず真っ当な情報媒体を運営するアフィリエイトサイトを認定し、企業から特典を提供。
 正しく活動
7:無料パソコン・アフィリエイトスクール開校
8:アフィリエイトSOGOのバージョンアップ
9:レンタルサイト・マーケットプレイス
 更新できなくなった媒体を継続的に存続
 付加価値の高い媒体の継続
10:エコ・アフィリエイト・プロジェクト
 えー、エコ? 個人的にこれはちょっと。エコなんてクソ喰らえな人なんで。ガンガン電気やガソリン使って、ガンガン稼ぐ方が良いよ。稼がないよりね。

2010年2月に東京都消費者センター と協力して、不正アフィリエイトの情報共有を行う。
2010年には協会設立の準備をすすめたいので皆さまのご協力をお願いします。

2:特別講座 GoogleAdsense/Analytics
話者:清水さま Google株式会社

GoogleAdsenseの現状
アフィリエイトとの相似点、相違点
最適化手法
新機能
注意点

既知の部分は省略。話し方も退屈なのでメモを取る気が。。。

SNS コンテンツマッチ
ECサイト アフィリエイト
エンターテイメント コンテンツマッチ
ニュース コンテンツマッチ

コンテンツ連動とアフィリエイト 
PC:370億円:347億円
モバイル:275億円:230億円

バーアンアウトを避けるために最適化手法を提案
一度タグを張ればほうっておいても良いという利点の裏返し

最適化
 ・リンクユニットの導入
  占有面積が小さい、サイトデザインを壊さない
   個人的には、リンクユニットの存在意義が分からないんだよなぁ
   これ誰かクリックする??
 ・コンテンツを囲むように
  イメージ広告とテキスト広告両方を使う
 ・コンテンツ直下にレクタングル大
  最も効果が大
  日本のユーザはかなり正確にコンテンツを読むので、コンテンツ直下にコンテンツとマッチする広告があると効果、成果につながりやすい
 ・色をサイトデザインになじませる

Adsense最新情報
・管理画面を見やすく
・コントロール性の高い広告管理画面
・収益の様子をはっきり
・Adsenseチームからの情報も
直感的な操作が可能に

Adsense for mobile apps クローズドβ開始
・iPhoneApp で広告配信

注意点
・自己クリック
・コンテンツガイドライン
・著作権を侵害しているコンテンツがメイン
・メッセージによるクリックの誘導
・トラフィックソースの偏り

Adsenseの最新情報は日本公式ブログで

GoogleAnalytics

サイト運営者が重視する指標
  1. PV
  2. UU
  3. 参照元
  4. 平均サイト滞在時間
  5. 直帰率
PV
 PVは金融市場の株価と似ている
 緩やかに上がるのではなく、段階的にあがる
 外的な要因によりPVが伸びる。それをアクセス解析で捉える。

インテリジェンスを利用
 自動的にPVの増加を検知、要因が何かを教えてくれる。

UU ユニークユーザ
 カスタムレポートを用いてUUを見る

アドバンスフィルターを使って解析

う~ん、何だか。。。

スケジュール
1:米国アフィリエイト事情
2:特別講座 GooggleAdsense
3:2010アフィリエイト業界展望
4:忘年会

1:米国アフィリエイト事情
話者:笠井北斗 株式会社クロスワーク

笠井さん自己紹介。1999年以来アフィリエイトに関わってきて11年。
セミナー無料。営業はしないよ。情報収集・交換が目的。←セミナーの正しい活用方法だなぁ

歴史:1996年アマゾンがアソシエイトプログラムを開始した。
現実:日本では情報がなかなか入ってこない。それをまとめて講座。

1:データで見る日米業界比較
2:最新情報
 米国アフィリエイト業界をにぎわす3大トピック
3:米国事例紹介
 Affiliate of the Year 2009
 Exceptional Merchant 2009

1:データで見る日米業界比較
業界市場規模
2008 日本 813億円、アメリカ 2100億円
2012 日本 1235億円、アメリカ 3300億円
矢野経済研究所 2009年9月
USAAffiliate Forecast 2009-2014 2008/5
広告主が支払った額

約3倍 この数値はいろんなところで出てくる。

アフィリエイトの収入額の比較
       米国 アフィリエイトSOGO
10万以下 50%、73%
10万-50万 21% 13%
50万-100万 8% 7%
100万以上 21% 7%

アメリカ:本業として食える 51%が本業・専業
日本:副業・おこずかい稼ぎ

アメリカ
 個人事業主 62%
 法人 25%
 会社勤務 13% 法人のなかで媒体を作っている

全体の12.7%がアフィリエイト法人組織を展開

アメリカのASP
CommissionJunction ヤフー、ソニースタイル、デル、HPなど最大手
Linkshare iTunes,ウォルマート,
その他
ShareASale
GoogleAffiliate
Pepejam
Neverblue
MediaTrust

日本のASP
A8
リンクシェア
ヴァリューコマース

人気理由の違い
米国
広告主の量と質
トラッキング
サポート
成果に応じた特典が提供
アフィリエイトの支払い頻度

日本
管理画面が使いやすい
広告主の質が高い
サポート
広告主の数が多い
セミナー等のイベント開催

日米の特徴が出ている。
アメリカ:報酬がしっかり取れているか。信頼できるASPかどうか。
日本:

アメリカにおいて重要でない点:ASPの規模、会社所在地、管理画面
日本においても収益の高い方は、アメリカの人気理由を重視している。

ECサイトとのアフィリエイト提携理由
アメリカ
1:アフィリエイト情報サイト
2:Google検索
3:アフィリエイト担当からの個別連携
4:アフィリエイト担当のフォーラム内書き込み
5:アフィリエイトイベント
6:アフィリエイト担当のブログ
7:情報誌に掲載されている広告
8:アフィリエイト担当のTwitter

主体的に調べている
ビジネスパートナーたりえるかで提携を決める

日本
1:ASP管理画面
2:ASPメールマガジン
3:他アフィリエイタサイト
4:メディアでの話題
5:報酬額アップのキャンペーン
6:ASP担当からの個別
7:サンプル提供
8:セミナー
9:ASPアフィリエイト担当と直接会って

ASPや他アフィリエイタへの依存度が高い
ECのアフィリエイト担当して積極的に活動していくことが今後の信頼獲得につながるのではないか。

アメリカの注力理由
報酬額
マネージメント
ブランド
EPC
運営サイトとの親和性

より収入を得る為の土台が整っていること を重視している。
収入につながらないのであれば、注力しない。ドライ。
稼げるのであれば新しいサイトを作る。

日本の注力理由
報酬額
運営サイトとの親和性
ブランド
商品サービスの売れ行き
リンク張替えの手間が少ない
商品やサービスの購入・利用体験

今のサイトが基準になる。
今の運営サイトで稼げる可能性が高い ことを重視している。

日米の違い:アメリカにあって日本に無いもの
1:アフィリエイトフォーラム
 ABestWeb,WickedFire,5Star etc
 日本にはオープンな場所での議論が無い
2:アフィリエイト情報誌
 ReveNews,Feedfront
 アフィリエイト情報を専門に扱う情報誌。オンライン購読可能。
3:イベント
 Summit、eComXpo
 規模や開催頻度、数と質でアメリカの方が優れている

アメリカ
 勉強と共有、交流のできる環境が整っている。

米国アフィリエイタの平均像
  1. 1-3年アフィリエイト経験
  2. 独自ドメインを複数
  3. 50以上のECサイトをアフィリエイト紹介
  4. 毎月報酬アップ交渉や情報交換している
  5. エクセルでアフィリエイト統計を取っている
  6. EPC100円以上、キャンセル10%以下
  7. アフィリエイトマネージメント力の高い広告主を好む
  8. バナー広告とテキスト広告を中心に活用
  9. 生活できるだけのアフィリエイト収入を獲得
  10. メルマガ配信やリスティング広告を活用
  11. 企業不正に厳しく情報共有も積極的
日本だと不正を
データ元沢山。でも英語だよん。

2:業界3大トピック
  1. AdvertizingTax
  2. FTC Advertizing Guidlines
  3. Affiliate Fraud

1:AdvertizingTax
 Amazon,OverStockなどが人気広告主がアフィリエイト税が制定された州でプログラム終了
 ニューヨーク州、ロードアイランド州、ノースカロライナ州で可決。
 現在も予断を許さない状況。

2:FTC Advertizing Guidlines
 ブロガーが製品レビューを書く際に、製品や謝礼金をメーカーから受け取った場合はそうした授与について明示することが義務付けられる。2009/12/01 施行。
 アフィリエイト業界:歓迎。
 でも、さらなるアフィリエイト規制につながる可能性。

3:Affiliate Fraud
 アフィリエイト絡みの詐欺行為
 Zynga(ソーシャルゲーム会社) 集団訴訟
 PayPerInstall型の偽セキュリティソフト アフィリエイタ
 TwitterブームでURL短縮スパム増加
 アフィリエイト広告をえさに個人情報売買
 アカウントハイジャック、不正売買
 オプラ・ウィンフリー アフィリエイト訴訟
  アフィリエイトがオプラウィンフリーの肖像権侵害
  アフィリエイトは逃亡、責任の所在はASP?EC ECに。
 企業と不正利用者の黒い繋がり

新たな不正手法の登場し、企業、個人の倫理観の欠如で拡大。

Q:アメリカのアフィリエイト業界が抱える最大の問題とは?
A:アフィリエイト業界外とあまり仲良くない

2008 PeformanceMaketingAlliance
Affiliate,Amazon,Linkshare,Google,CommissionJunctionなど約70の個人法人が参加。

日本は? 次のセミナーでも。

アフィリエイト事例
1:マイク・アレンさん Mike Alen
 http://www.Shopping-Bargains.com
 クーポン&送料無料情報を専門に扱うショッピングガイドサイト
 売上に加えて業界内でも活動。

2:CelecbateExpress.com
 1994年開業のパーティグッズ専門店
 徹底した情報公開
 成約率、キャンセル率、内線番号まで公開

アメリカのアフィリエイト成功の要因
 米国アフィリエイト業界で成功していると称される人は3つの要素を重要視
1:勉強
2:共有
3:交流

日本は?

他の方のブログ記事
ビジネス・アフィリエイト・セミナー2009:日米アフィリエイト事情
私の記事は、速報性重視ですが、しっかりとまとめられています。こちらも是非参考に。
コグレマサト
いしたにまさき
ウジトモコ

いつものメモはブログではなく、ついったーで。

http://twitter.com/tamurakei
を見てくださいませ。
DO THE RIGHT THING! 不正に負けないアフィリエイト!
リンクシェア前川さま

現状
アフィリエイトが誕生して10年以上が経過
EC、媒体として認知が進む

個人の手軽な副業として人気
95%が個人サイト

ビジネスモデルの不正利用も増えている

JASK
アフィリエイトマーケティング協会
アフィリエイトSOGO
関西アフィリエイタの会、東北アフィリエイトネットワーク、

信頼のできるECサイト、ASPを選ぶ
良く知っているECですか?
顧客として買い物をしたいサイト?

不正行為に足を踏み入れない
虚偽の内容
スパムブログを大量に作成、スパムコメント

バナーをはって下さい。


具体的な事例は笠井さんより
情報共有をしたい

不正アフィリエイト対策センターをボランティアで
  1. アフィリエイト
  2. 広告主
  3. ASP
の問題行動に対して対応している

評価の高いASPである Linkshareさんがこういう行動をしていくことはアフィリエイト業界にとって、素晴らしいこと。

事例
・Twitterのフォロースパム
・Youtubeなどの動画スパム

安易に稼げると喧伝し
・情報を売る
・スクールのように
間違った手法を学び、失敗する

1:怪しい儲け話に騙されない
 そういうところにお金を使わない
2:アフィリエイト専用の銀行口座を作り
 その金額の中で投資しよう
 絶対に赤字にならないように
3:自分以外の誰かの顔を思い描きながらサイトを作りましょう
 孤独な作業な為、不正やマナー違反に陥りやすい
 知合い、友人を作り、その人たちから嫌がられるか?を気にしてサイトを作り、行動しましょう

ロイヤルアフィリエイタを目指してください
・自分以外の誰かに「良いアフィリエイタ」と思われるように
・アフィリエイトを楽しめる方

リンクシェア津田さん
・「不正しませーん!」

2009年10月3日(土) 16:00-
アユダンテ大内氏

雨が降って助かった。子供の運動会が明日に延期なった。

今日のポイント
  1. 自分なりの成功法則をつかむ
  2. 検索=入り口の改善に取り組む
  3. アクセスと金額の関係をつかむ
目的
アクセス解析を使ってユーザー視点でサイト改善をする その第一歩に取り組む

日時:2009年9月12日(土) 13:-
場所:原宿 ベルサール原宿
講師:あびるさん

実際に応募されたサイトを見ながらどこを修正したらよいのかを具体的に指摘していきます。
日時:2009年9月12日(土) 12:50-13:20
場所:ベルサール原宿

トークセッション形式
笠井さん(株式会社クロスワーク)
うかさん(アフィリエイタ)