[サッカー]日本代表監督後任にペケルマン?と2010南アフリカワールドカップ日本代表の勝敗予想


 日本代表は、韓国、イングランド、コートジボワールと連敗でしたね。気にしないで切り替えていきましょう。切り替えの早さってとても大事だからね!

日本代表監督後任にペケルマン?ベニテス?ビエルサ?

 ワールドカップがこれから開幕するというのに、後任監督の話かよと思われるかもしれませんが、僕の中で、日本代表のワールドカップは既に終わっています。株的にいうと織り込み済み。0-2、0-3、0-2で3連敗という可能性を全く否定できない、むしろその可能性が非常に高いという悲しき現状。メディアが煽る1勝2分けで2位通過と、3連敗最下位の可能性って、3連敗の方がずっと高いと思うのです。1分け2敗でだって全然おかしくない。
 この記事を書いたスポーツ紙の記者も同じ心境だと思うなぁ。

 現実的にみると勝敗表の確率って以下のような感じだと思います。1勝するのが10%くらいって現実的というより甘甘だけれども。5%くらいの確率でグループリーグ突破できるかもですね。運が良ければ得失点差と総得点で1勝2敗、3分、2分1敗でもグループリーグは突破できるw

3勝:0%
2勝:0%
1勝2分:1%
1勝1分1敗:4%
1勝2敗:5%
3分:4%
2分1敗:10%
1分2敗:40%
3敗:35%

 常識的に考えても、選手個々の力量(特に身体能力、守備技術、シュート意識・技術)で劣るチームが、戦術的完成度でも劣っていたら、勝てません。
 戦術的完成度が低く、対戦相手に恵まれず、アフリカというアウェイの中で、勝てるとは思えないんだよなぁ。せめて戦術的完成度が高ければ。。。

 だから「はい、次」なわけです。



日本代表監督後任にペケルマン?ベニテス?ビエルサ?

ここで出ている監督名は以下の3名
ビエルサ(wikipedia)

 もし、この三人のうちの誰かが本当に来てくれれば、この上ない人選だとは思うけど。。。来てくれるかなぁ?欧州のトップリーグで監督ができる人がキャリアを捨てて極東に来るというのは、なかなかに難しいと思う。オシム爺は、レアル・マドリーからのオファーを蹴るっている偏屈爺さんwだから、日本に来てくれたわけで。
 個人的には、ビエルサのチーム 過去のアルゼンチン代表、現チリ代表のサッカーが良いと思うが、メディア対応に難があるかな。そういう点で、オシム爺は良かった。くだらない質問を馬鹿にしつつ上品に切り返すところとか。

 ハンス・オフト以降の日本代表監督は以下の通り、見れば分かる通り一貫性は無い。
 ハンス・オフト(オランダ)→ロベルト・ファルカン(ブラジル)→加茂周(日本)→岡田武史(日本)→フィリップ・トルシエ(フランス)→ジーコ→イビチャ・オシム(ユーゴスラビア)→岡田武史(日本)

 せめて、代表としてどういうサッカーをするのかの方向性を決めて欲しいものだ。オランダなんて誰が監督やっても4-3-3で攻撃的・ポゼッション志向・ラインを上げてプレス・サイド攻撃とやるべきことが決まっちゃっている。それ以外だと猛烈なバッシングw 分かりやすい。

攻撃的に行くのか、守備的に行くのか
 攻撃的に行こうとしてそうなっていないケースは多々ありますが。。。
ポゼッションを志向するのか、カウンター志向なのか
 アジアではボールを持てても、欧州・南米・アフリカ相手にボールが持てるかなぁ。
ラインを上げてプレッシングをするのか、しないのか
 中にはラインを上げないでプレッシングしようとするアホもいましたが。。。
サイド攻撃をするのか、しないのか
 サイド攻撃しないって選択肢はありえないんだけど。。。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [サッカー]日本代表監督後任にペケルマン?と2010南アフリカワールドカップ日本代表の勝敗予想

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://stylestyle.net/mt/mt-tb.cgi/138

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2010年6月 8日 08:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Twitter is Live &Life - ブロガーのためのツイッター講座-」です。

次のブログ記事は「ECの勘違いとアフィリエイトの真実」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • locond_site_image.png
  • IMAG0222.jpg
  • DSCN0334.JPG
  • IMAG0220.jpg
  • IMAG0223.jpg
  • IMAG0227.jpg
  • IMAG0218.jpg
  • IMAG0225.jpg
  • IMAG0062.jpg
  • IMAG0061.jpg